雑感

AIのスーパースターたちを使いこなす

2018年7月13日 (金) 投稿者: メディア技術コース

サッカーのワールドカップが盛り上がっています。フランス代表のデシャン監督は、自らも選手として活躍し、1998年のワールドカップ優勝にも貢献しています。一方、アルゼンチン代表のサンパオリ監督は、選手としての実績がほとんどありません。また、クラブチームに目を向けてみると、マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督は、現代サッカーを代表する監督ですが、やはり選手としてはほとんど活躍していません。こうした監督たちは、自分の現役時代よりもずっとずっと上手いスーパースターたちを掌握し、チームをまとめあげ、監督として素晴らしい実績を残しています。また、日本のプロ野球に目を転じてみても、日本ハムの栗山監督などは、選手としては目立った実績はありませんが、監督として成功しています。こうした例を見ると、「優れた監督になるためには、必ずしも超一流の選手である必要は無い」ということが言えそうです。

それでは、こうした名監督たちは、なぜ監督として成功することができたのでしょうか。確かに、プレイをする能力で見ると、選手たちより劣るのかもしれません。でも、監督の仕事はサッカーや野球をプレイすることではありません。チームを運営するための管理術や人心掌握術、戦術に関する深い理解、心理学や生理学の知識など、プレイヤーとは異なる視点での勉強を積み重ねてきたことが、こうした監督たちの成功に結び付いているのでしょう。

さて、こんな話をしたのは、実は「AI全盛の時代に人間は何をすべきか」というテーマについて語ろうと思ったからです。深層学習に代表されるAIツールは凄い勢いで発展してきていますが、我々人間は、こうしたAIツールと同じ土俵で「プレイの上手さ」を競う必要はありません。これからの人間は、AIツールを使いこなす監督になることが求められています。最先端のAIツールは、数学や統計学、データサイエンスにはめっぽう強い反面、哲学や芸術に基づく価値判断、あるいは文章の理解や一般常識からの推論といった分野ではまだまだ未熟です。そこで、これらのツールを使いこなすためには、そうした分野の知識と洞察が求められるわけです。とはいえ、モウリーニョ監督がサッカーを勉強していないわけではないのと同様に、AIを使いこなす人間も、最低限の数学や統計学を勉強しておく必要があるのは言うまでもありません。

メディア学部のカリキュラムが、数学や統計学やプログラミングなどの「AI的」な科目と、芸術や社会などの一見「非AI的」な科目とのミックスになっている理由が、わかっていただけたでしょうか?

(大淵 康成)

2018年7月13日 (金)

AIで増える仕事減る仕事

2018年7月 3日 (火) 投稿者: media_staff

こんにちは 羽田です.
すでに例年より早い夏が訪れていますが,ゴールデンウィークあけから,本学では保護者懇談会というものがおこなわれました.
普段は大学にふれることのない学生の保護者の皆さんと教員が懇談するというイベントです.
この場でよく話題になるのは学生それぞれの成績や日常の話以外には圧倒的に就職についての話です.
大学はいつかは卒業するものですから,そのさきの進路について気になるのは当然でしょう.ここで出た話の中で「最近話題のAIでメディア学部の就職もなくなるのでは?」というのがありました.

続きを読む "AIで増える仕事減る仕事"

2018年7月 3日 (火)

150%の使い道

2018年6月11日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の渡辺です。こんにちは。

学生というと「とても自由な立場」と考えている人は多く、社会人に比べるとずいぶん余裕のある生活をしているように言われてしまうことがあります。実際のところ、自由であるということについてはその通りだと思いますが、大抵の学生は日々に余裕がなく大変忙しい毎日を過ごしているように感じます。

学生達が多忙なのは、自由であることがまさにその理由です。多くの学生は大学生になると本格的にバイトをしていく人も多くなりますし、サークルに入って仲間との活動を楽しむこともできます。また、メディア学部ではプロジェクト演習などの講義以外の演習も盛んで、こういった勉学に励む学生も少なくありません。

これらはどれも学生にとって魅力的(あるいは必要)な活動であり、ついついあれもこれもと手を出してしまいます。そうすると、一つ一つはそれほど大きな負担ではなくても、全部合わせると膨大な分量となってしまい、結果的に非常に忙しい日々を送ってしまうというわけです。

続きを読む "150%の使い道"

2018年6月11日 (月)

研究室のポートフォリオ

2018年4月17日 (火) 投稿者: media_staff

メディア学部の羽田です.
本当は4月頭の公開へむけて作業をしていたのですが,研究室のウェブサイトの作り直しを行っています.
全体の作業はまだ完了しておらず,焦ってすすめているところなのですが
まずは研究室のポートフォリオを作成しています.

Photo

このサイトは, Scrapbox と呼ばれるサービスを作って開発しています.このサービスは,そこそこ見栄えのよいページをかんたんに作ることができるので,ポートフォリオのようなサイトを作るのには向いていると想いました.
現在のところ載せられたのは最近の研究のうち,外部発表が終わったものの一部なので,
今後はできるかぎり過去に遡って研究を一覧として見られるようにしたいとおもっています.
このブログで紹介した研究もいくつも掲載しています.簡単ではありますが,日々充実させていこうと思っていますので,ぜひ見ていただければとおもいます.
(羽田久一)

2018年4月17日 (火)

キャンパスの新顔

2018年4月13日 (金) 投稿者: メディア技術コース

今年も新入生を無事に迎え、今週から新学期の授業が始まりました。今回は研究や授業の話から離れて、昼食の話を書きたいと思います。八王子キャンパスには大学も専門学校もあり、非常に多くの学生が在籍しています。昼食時は食堂がとても混雑します。コンビニや弁当の販売などもあるのですが、今週から、キッチンカーがキャンパス内に来ています。

Img_1982

Img_1983_2

この写真は初日の4月9日のお昼少し前の状況です。まだ、午前の授業時間内だったこともあり、人が少ないですが、6台のキッチンカーが来ていました。どうやら、毎日、数台が入れ替わりながら、今のところ6台ずつ来ているようです。

毎日定時に観察しているわけではありませんが、日を追うごとに昼休みにこの周辺で見かける学生は増えているように思います。先日は私もロコモコ丼を買って食べてみましたが、おいしかったです。今の時期は昼休みもなかなか忙しいので、すぐに買えて、移動先でさっと食べられるのはとても良いと思いました。また機会があったら食レポしたいと思います。

(メディア学部 寺澤卓也)

2018年4月13日 (金)

雪の中の静寂

2018年1月27日 (土) 投稿者: メディア技術コース

先日の大雪では、キャンパス一面が真っ白になりました。夕方になると人影もまばらで、見渡すとあたり一面雪に覆われています。

こんなときに、目を閉じてじっと耳を澄ましてみると、あたりの気配が何だかいつもと違うのが感じられるはずです。詩的な表現をするなら、「音が雪に吸い込まれるような」という感じですが、実はこれは科学的にも正しい表現です。

とある研究(*)によると、雪の表面での音の吸収率は、600Hzから1000Hzぐらいの周波数帯で、80%近くにもなるそうです。また、踏み固められた雪に比べると、降雪直後の軽い雪の方が吸音率が高いことも確かめられています。同じ雪景色でも、吹雪がやんだ直後の一瞬の静寂が、とりわけ心に染み入るような気がするのには、そんな理由もありそうです。

こんな経験をすると、私たちが日頃いろんな反射音に囲まれ、無意識のうちにそれらを聞き分けているのだということがわかります。屋外での音、大きな部屋での音、小さな部屋での音、みんなそれぞれ違うはずですが、慣れるとあまり意識しなくなってしまうものですね。そんなことに思いを巡らせながら、家路についた雪の日でした。

Snow

(*) W. Maysenhoelder, et al., "Microstructure and sound absorption of snow," Cold Regions Science and Technology, 83-84 (2012) 3-12.

(大淵 康成)

2018年1月27日 (土)

雪の八王子キャンパス

2018年1月22日 (月) 投稿者: media_staff

メディア学部の羽田です.

今日は4年間の学生生活の締めくくりである卒業論文の提出最終日でした.
ところが大雪のこともあり,最終期限はまる1日伸びて明日すなわち
1月23日となりました.
今日は大雪の影響もあり大学も午後からのテスト(今は定期試験期間なのです)も
キャンセルとなり,学生も職員もはやめの帰宅を促されることとなりました.
雪のキャンパスはこんな感じです.最初はうっすらと雪がつもっていたはずが,
気がついたら雪国のようになってしまいました.

Img_6097

Img_6104

もちろん,こんなに雪が降ることはめったにないのですが,
冬の八王子はさすが,東京に降雪の情報が出ると駅前にテレビカメラが集結するだけのことはあると感じます.
明日は気を取り直して,卒業論文の提出日です.私の研究室でも 4年生のうち何人かは今も研究室にこもって 論文の仕上げを頑張っている頃かもしれません.
(はだひさかず)

2018年1月22日 (月)

年賀状の秘密

2018年1月15日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

お正月の楽しみの一つに年賀状があります.友人や仕事仲間からのメッセージを読むことはたいへんうれしいものです.
今年の年賀状には,ちょっとした秘密があります.お持ちの方はぜひ手に取ってください.
表面をよく見てください.住所ではなく.はがきの印刷情報をよ~くみてください.

普通に見ているだけでは私にはまったくわかりません.

Unnamed

続きを読む "年賀状の秘密"

2018年1月15日 (月)

授業について思うこと

2017年12月 5日 (火) 投稿者: メディア技術コース

本学では、教員による授業の相互点検が定期的に行われています。毎学期いくつかの授業が選ばれ、それを担当教員以外の教員数名が聴講してコメントするというものです。授業の良いところや悪いところをフィードバックし、より良い授業を作っていこうという目的で行われるものですが、聴講する側の教員にもメリットがあります。

先生によって教え方は様々ですが、ほとんどの授業で「これは真似してみよう」というものが、いくつか見つかります。特に最近は、Moodleという学習支援システムが普及してきたこともあり、ITの活用方法という点で、毎回のように発見があります。この場合、「授業点検」というより「授業参観」と言った方が良いですね。

さて、授業点検のときに問題なのが、「授業が面白い」ということです。大学教員といっても、自分の専門分野以外のことについては知らないことも沢山あるので、そういった分野の授業は初めて聞くことばかりです。若い学生さんたちに混ざって聞いていても、好奇心だけは人一倍あるつもりなので、ついつい聞き入ってしまいます。自分も学生時代には気付かなかったのですが、今になってみると、大学の授業って本当に楽しいです。でも、本当は「わかりやすい教え方をしているか」「シラバスに沿った内容になっているか」といったことをチェックしなければならないのに、終わってみると「面白かった」ということしか覚えていないのでは、点検になりませんね。

そういうわけで、自分の知的好奇心に少しだけブレーキをかけつつ、客観的に授業を見る努力をしているわけですが、そんなことを気にしなくていい学生さんたちは本当に羨ましいです。ぜひ授業の楽しさを満喫して下さい。(と30年前の自分に言ってあげたい)

(大淵 康成)

2017年12月 5日 (火)

実験の被験者

2017年11月 9日 (木) 投稿者: メディア技術コース

私の研究室では、音と聴覚に関する研究を行っているため、話したり聞いたりする実験を頻繁に行う必要があります。ある実験では、いろんな文章を読み上げてもらった声を録音します。別の実験では、様々な音を聞きながら作業をしてもらって様子を観察します。単純に音を聞いてもらって印象評価のアンケートに答えてもらうというケースもあります。

実験というのは、ある特定の条件で結果が再現されるだけでは価値が低いので、いろんな人に話してもらったり、いろんな人に聞いてもらったりすることが重要です。研究予算が無尽蔵にあれば、大勢のアルバイトを雇って実験に参加してもらうのですが、日々の研究ではなかなかそうもいきません。そうすると、どうしても研究室のメンバー自身が被験者として実験に参加する必要が出てきます。研究室には現在18名の学生が在籍していますが、みんなそれぞれ、お互いの実験の被験者として協力しあっています。

学会の発表などを聞いていると、「実験は、男性10名女性2名の被験者を対象に行った。被験者は全員20代前半である」なんて説明がよく出てきて、研究室の人に頼んだんだなあ、というのがわかります。理工系の研究室では、どうしても男性比率が高くなってしまう傾向がありますね。たまに「被験者の男女比は50%ずつ。年代も10代から70代まで均等に分布している」なんて発表を見ると、頑張って被験者を集めたなと感心してしまいます。

今年も11月になりました。卒業研究の仕上げのためには、これから1ヶ月ぐらいのあいだが実験のラストスパートです。気兼ねなく協力を頼めるようになるためには、まず何より研究室全体が仲良くなっておくことが重要ですね。そういうわけで、先日研究室の飲み会を開催しました。同じ研究室なのに今ひとつ話す機会が無かった人とも仲良くなり、これで心おきなく実験ができそうです。

(大淵 康成)

2017年11月 9日 (木)

より以前の記事一覧