授業紹介

ハリウッドのアニメーターによる講演会が行われる.

2018年7月17日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

2018年6月28日に Matthew Steidl (マシュー・スタイドル)氏によるAn Introduction to Hollywood Visual Effects Production Methodologies[ハリウッド視覚効果の制作技術の紹介]の講演会が行われました.
ハリウッドのアニメーターによる視覚効果の制作技術の講演会  2018年6月25日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/06/post-f5aa.html

Dsc_7296

この講義では,前半ではマシュー氏の中学,高校時代のことから南カリフォルニア大学でアニメーションを学ぶことまでをまず紹介していただきました.大学院に進学してから,ワインバーグ先生に会って,USCKIプロジェクトのことを知り,本学へ来たり,東京アニメフェアに参加したりした経験を紹介してくれました.
そして,いくつかのプロダクションでアニメ制作,VFXなどの仕事をしたり,フリーランスになってさらに映像制作にかかわってきたことなどを経て,現在の仕事をしているとのことを具体的に話をしてもらいました.このような仕事を通じて,TV番組やVFXを担当したりしたことを作品を紹介しながら話をしてもらいました.EXTANTという作品では,日本の俳優である真田広之氏のCGモデルを制作したということでした.これらの経験から大きな会社ではスペシャリストが求められ,小さな会社ではジェネラリストが必要であるとのことでした.

Dsc_7299

続きを読む "ハリウッドのアニメーターによる講演会が行われる."

2018年7月17日 (火)

メディア専門演習「ユーザー体験価値デザイン」の紹介(7月15日OCに出展します!)

2018年7月10日 (火) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

メディア学部の寺澤です。

今日はメディア専門演習の「ユーザー体験価値デザイン」というテーマについて紹介します。今回の記事はこの演習のSAの園部由美子さんに書いていただきました。園部さんは少し前のこちらの記事で紹介されています。

(ここから)
専門演習科目のひとつである「ユーザー体験価値デザイン(UXD : User eXperience Design)」 では、ソニーのMESHを用いて新規性のある楽しさを追求したコト作りに取り組みます。この演習では、私たちが普段感じているモノの使いにくさや、「こうだったらいいのに」というアイデアをすぐにタブレットとMESHで形にしていくことができるため、とてもワクワク感があり制作者(受講生)自身も楽しみながら行っています。

1

まずはグループごとにRICHO THETA 360度カメラを持って学外に行き、社会にある様々なモノや場所のターゲットユーザーを考慮した課題発見を行います。それらを踏まえてアイデアを出し合い、MESHを用いたプロトタイプ作品を1週間で作り上げます。

続きを読む "メディア専門演習「ユーザー体験価値デザイン」の紹介(7月15日OCに出展します!)"

2018年7月10日 (火)

大学院説明会:メディアサイエンス専攻にぜひお越しください.

2018年7月 9日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

7月15日にオープンキャンパスが開催されます.
それに合わせて,大学院の説明会も実施します.本学の学生,他大学の学生,留学生,高校生を対象にしています.
東京工科大学大学院説明会のお知らせ【7月15日開催

http://www.teu.ac.jp/event/2018.html?id=146
日時:平成30年7月15日(日)13時~14時(12時会場オープン)
場所:片柳研究所10階アクティブラーニングセンターKC1001(全体も個別相談も)
内容:
13:00~13:15 バイオ・情報メディア研究科全体説明 亀田研究科長
13:15~13:25 工学研究科全体説明 片桐教授
13:25~    各専攻個別相談会 各専攻長・片桐教授
14:00以降   各専攻長の研究室で個別相談 各専攻長・片桐教授
メディアサイエンス専攻の紹介
■ 未来社会をデザインするビジョナリーの輩出を目指して:大学院 メディアサイエンス専攻紹介 2018年2月18日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/02/post-c4ed.html
■ 大学院講義紹介:コンテンツイノベーション分野のコンテンツ制作技術に関する講義 2018年2月19日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/02/post-e0d6.html
■ 大学院講義紹介: コンテンツイノベーション分野の「メディア情報処理」領域の講義 2018年2月25日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/02/post-5107.html
■ 大学院講義紹介:広告イノベーション分野の広告デザインサービスに関する講義  2018年5月 4日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/05/post-2a64.html

■ 大学院講義紹介:広告イノベーション分野におけるメディアコミュニケーションに関する講義 2018年5月 3日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/05/post-135a.html

続きを読む "大学院説明会:メディアサイエンス専攻にぜひお越しください."

2018年7月 9日 (月)

おもしろメディア学:街の景観その1(パリ出張報告その7)

2018年7月 2日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

提携校ISART Digitalがあるパリは多くの人が一度は行きたいと思っている都市です.
なぜそうなのかというと,おもしろい,興味の惹かれることを多いからだと思います.
私が撮影した次の写真をまずみてください.
遠近がはっきりとした一点透視図のように見えますね.ガラス越しに赤い線,白い線がきれいに見えます.
赤い線や白い線が一点で交わるように見えるような図を一点透視図といいます.遠近が明確になっており,長い建物のように感じます.このような一点透視図の例として有名な絵画にレオナルドダビンチの「最後の晩餐」があります.

Dsc_2124

続きを読む "おもしろメディア学:街の景観その1(パリ出張報告その7)"

2018年7月 2日 (月)

WEB 3D アニメーション

2018年6月30日 (土) 投稿者: メディア社会コース

現在、メディア学部では「ソーシャルコンテンツデザイン」という授業を3年生対象に進めています。この授業では社会の発展に役に立つコンテンツを作る方法について学びます。学生たちが将来、教育、地域振興に貢献してくれることを期待しています。

XVL WEB3D Playerを用い、WEB上に3Dアニメーションを作成する技術も学生たちは学んでいます。サンプルをしめします。

ロケットをクリックしてください。アニメーションが動き出します。ロケットが発射され、その後、ロケットがいくつかの部品に別れ、最後、衛星が開放される様子が説明されています。

WEB3Dは今後、教育、ホームショッピング、カタログ作成等、幅広い世界で使われていくと
思います。

千代倉

2018年6月30日 (土)

大学院授業 ソーシャル・デザイン特論

2018年6月28日 (木) 投稿者: メディア社会コース

2015年に国連による持続可能な開発目標アジェンダ2030(SDGs)が採択されましたが、本学でも長年サステナブル社会の実現と社会に貢献する人材育成を理念に掲げています。SDGs2030は、世界の貧困、教育、環境や、持続可能な街づくりなどを含めた目標17項目と169のターゲットにより成り立っています。

Sdgs

大学院科目、ソーシャル・デザイン特論では、持続可能な社会の実現のためのアイデア、プロセス、ビジネスや社会システムをデザインすることをテーマに扱っています。そもそも、
ソーシャル・デザインとは、より良い社会のためのプロダクトデザイン、として捉えられてきましたが、近年、広義の意味において使われるようになってきました。
例えば、より良い社会のためのプロダクトデザインだけでなく、社会システムや、IT技術などを駆使した新しい、社会を築いていくことまで指すようになりました。いずれも、産学官、そしNPO、NGOや市民レベルでの連携が不可欠です。その為にも斬新なアイデアや、 課題解決に向けたデザインが重要です。
ソーシャル・デザイン特論では、広義における、デザインの定義、近年話題となっている デザイン思考の様々なアプローチについて、グローバル課題とデザイン思考の応用、コミュニティデザイン、そしてソーシャル・デザインの成功事例について学びます。
最終発表では、グループでSDGsに関連した課題を選び、解決に向けたデザインを提示しました。今年は、”タイのゴミ問題の解決とデザイン”や”中国の農村部と都市部との教育格差の是正の為のIT活用”などがテーマに上がり、充実した議論で盛り上がりました。
文責:飯沼瑞穂

2018年6月28日 (木)

6/17オープンキャンパス(東京ゲームショウ前哨戦)

2018年6月16日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

6月17日(日)は,本年度最初のオープンキャンパスです.
例年,私のプロジェクト演習「インタラクティブゲーム制作」では,その年の東京ゲームショウに出展するゲームのプロトタイプを展示し,実際に来場した高校生にプレイしてもらい,そこからフィードバックを得るという試みをしております.
当日は,実際に開発した先輩たちが授業の様子やゲーム開発に必要な能力など様々なことを聞き出すことができます.

2018oc01_00_2

続きを読む "6/17オープンキャンパス(東京ゲームショウ前哨戦)"

2018年6月16日 (土)

大学院授業相互行為分析特論

2018年6月13日 (水) 投稿者: メディア社会コース

今期の大学院では、相互行為分析特論として、ジェンダー(社会的性)に関する授業を行いました。私たちは人と人との相互行為のなかで、いつもではなくてもたまに男性だから女性だからという言動をします。別は、男性と女性を含むのですが、それは社会にいる人々全てを分類するのです。
 生物学的性とジェンダー(社会的性)、そして性的指向は、いくつものパターンで絡まり合い、現在ではトイレも男女兼用であったり、トランスジェンダーも入ることが出来る公共のトイレが出来たりと、性別の受け取り方は時代とともに変わっていきます。
 欧米を中心にして進んでいる同性婚も少し前には全く考えられないことでした。
 新たな社会と新たなジェンダーを、相互行為において考察する授業は、多くの院生さんが積極的に発表して、手前味噌ですがなかなかに良い授業となりました。
              山崎 晶子

2018年6月13日 (水)

メディア専門演習「空間インタラクティブコンテンツ」の紹介

2018年6月 5日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア専門演習は、2年生後期と3年生前期にある必修の授業です。20個ほどのテーマの中から希望のテーマを2つ選び、それぞれについて、半年ずつ受講します。
テーマの一つである「空間インタラクティブコンテンツ」では、プロジェクションマッピングや、LeapMotionを使った映像作品を制作します。LeapMotionとは、空中で動かした手のジェスチャを認識する装置です。
今期も、受講している皆さんが、それぞれ作品を制作している途中です。

昨年度の演習で制作された作品の中から3点をご紹介します。いずれも、プロジェクションマッピングの作品です。
1つ目は、画用紙で作った模型に投影した作品です。中心にある小さい立方体は、実際には存在しませんが、あたかも半透明の立方体が置かれているように見えます。

Img2

2つ目は、白い立方体を部屋に見立て、その中にCGで制作したキャラクターや家具を配置した作品です。部屋の2方向からの映像を、立方体の2面に投影しています。

P2_2

3つ目は、ギターに投影した作品です。音楽に合わせて、色と模様が刻々と変化するものです。

Guitar_2

今年度の作品についても、後日、ご紹介したいと思います。

(椿郁子)


2018年6月 5日 (火)

モーションキャプチャシステムを利用した専門演習「CGアニメーション」の中間発表会

2018年5月30日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

3年生前期期に行われる専門演習CGアニメーションは,演習講師川島基展先生,早川大地先生,私が担当しています.
本日(5月29日)は第7回目ということで,中間発表を各グループが行いました.今までの演習では,企画書の制作,ビデオコンテ,3Dキャラクターモデリング,モーション撮影などを行ってきました.この演習では,アニメ制作の経験者だけでなく,CGソフトウエアを利用したことがない学生も含めて,4,5名でグループを構成しています.
決められた時間内で発表して,質問を受けたりすることによって,後半の制作作業にとても刺激があるようです.
作品が完成したら,また報告します.

33837595_1965741293470977_241631707

モーションキャプチャシステムを利用した専門演習「CGアニメーション」の紹介 2017.10.20
http://blog.media.teu.ac.jp/2017/10/cg-a29c.html
専門演習「CGアニメーション」の紹介:モーションキャプチャシステムの利用 2017.05.30
http://blog.media.teu.ac.jp/2017/05/cg-ad50.html
大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2018年5月30日 (水)

より以前の記事一覧