広報

メディア学部・研究紹介動画撮影レポート

2018年11月15日 (木) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部新任の森川です。

みなさんは東京工科大学公式ウェブサイトの、メディア学部ページ内にある、研究紹介動画をご覧になったことがありますか?

現在公開中の動画はこちら

先日、ここに公開する新たな動画の撮影を行いました。

今回メインで登場するのは、本学が採用している学士修士一貫プログラムでこの秋から大学院生となった優秀な学生たち。

彼らの研究の概要を、カメラの前で、時に画像や動画を使いながら説明してもらいました。

研究テーマは、ゲーム関連から健康関連、広告や農業に関することまでさまざま。

 

最初は「緊張する~」と言っていた学生たちですが、不思議なことに、カメラの前ではそんなことおくびにも出さず、はきはきと滑舌良く研究の話をする姿が印象的でした。

私にも経験がありますが、研究に自信があればあるほど、また、研究が好きであればあるほど、研究の話になると饒舌になってしまうんですよね。

学生たちの生き生きと語る様子を見て、研究は楽しい、と思ってくれる学生が、これからひとりでも増えるといいな、と思いました。

今回の動画を見て、彼らのような研究がしたい、研究って楽しそう!と思った高校生の皆さん、是非我が東京工科大学の門を叩いてください。

さらに、研究の道に興味を持った、という在校生の皆さんは、大学院進学や学士終始一貫プログラムへの挑戦を考えてみてはどうですか?



Img_7989


 

Img_7997


 

Img_8002


 

Img_8006

 

 

(メディア学部 森川美幸)

2018年11月15日 (木)

卒業生が芸術科学会論文賞を受賞

2018年11月 7日 (水) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.
先週行われたNICOGRAPH2018で,芸術科学会論文賞の授賞式が行われ,私の研究室の卒業生の論文が受賞することができました.
今回受賞したのは以下の論文です.
栗原渉, 中野亜希人, 串山久美子, 羽田久一 「Botanical Puppet: 電気刺激によるオジギソウの制御」 芸術科学会論文誌 第16巻 第4号pp. 110-117
この論文の筆頭著者の栗原君は現在は首都大学東京の大学院生ですが,学部までは私の研究室でこの,オジギソウの研究を行っていました.学部生から大学院生になったあとも研究を続けることで国際会議を経て,最終的に雑誌論文にまとまったのが昨年のNicographでの発表でした.
論文賞はその1年の間に発表された論文の中から選ばれるものということで,非常に名誉なことで嬉しい限りです.私は残念ながら授賞式には参加できなかったのですが,受賞の写真を頂いたのでこちらにも掲載させていただきます.

Screenshot_20181107_at_192857

(羽田久一)

2018年11月 7日 (水)

ISART TUT Game Jam Final

2018年11月 5日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,8月27日から28日にかけて,東京工科大学メディア学部とISART Digitalが共同開催したGame Jamイベントについて最終報告します.
「Rain」というテーマのもと,4つのチームが限りある時間のなかで言葉や文化の違いを乗り超え,特徴のあるゲームを開発することができました.

2018isart20

今回のイベントの以前の記事はこちらからご覧ください.

続きを読む "ISART TUT Game Jam Final"

2018年11月 5日 (月)

NICOGRAPH 2018 で研究成果発表を行っています!

2018年11月 3日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

2018 年 11 月 3 日(土)~ 5 日(月)の 3 日間,福岡県福岡市九州大学西新プラザにて開催される「 NICOGRAPH 2018 」に参加しています.

Img_3293


本大会にはメディア学部からたくさんの教員・学生が参加していて,日頃の研究成果を発表しています.

私の研究室からは,口頭発表 1 件,ポスター発表 2 件,作品展示 2 件の発表を行います.
これらの内容は,大会終了後に改めてブログで紹介したいと思います.

Img_3306

Img_3311

Img_3316

Img_3322


文責 : 菊池 司




2018年11月 3日 (土)

巨木のパワー

2018年10月24日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース


こんにちは、メディアコンテンツコースの佐々木です。「工科大パワスポ」シリーズ第3回目の投稿です。


この絵の大きな木は「クスノキ( 楠 )」です。京都などの古い町を歩いているとお寺の塀を越えて大きな幹を伸ばしているのがみられますね。地方に残る武家屋敷の庭にもよく植えられている樹木です。

日本の巨木調査で、幹の周囲の長さトップ10の巨樹のなかで、八つまでが「クスノキ」なのだそうです。とても大きくなる木なのですね。その立派で豪壮な姿が、武家屋敷や巨刹の庭に良く似合うのは当然ですね。

この木からは、樟脳( しょうのう )という成分が取れるのですが、それは防虫剤や医薬品として使われます。

葉っぱの葉脈に「ダニ室」があるというのも面白いですね。クスノキには、苦手な敵となるダニ( クスノキの葉っぱを食べるダニ )がいます。クスノキは、このダニに対してわざわざ住みかを提供しているのです。そして、一方では、このダニを捕食するダニが住む「ダニ室」もあるのです。二種類のダニを自分の葉っぱの上でバトルさせている訳です。進化の過程でこうなったらしいですが、不思議ですね。

この絵のクスノキは、普段学生さんや大学スタッフがよく行き来する通路のすぐ脇にそびえています。オープンキャンパスなどで、工科大八王子キャンパスにいらしたら、ぜひ探してみてくださいね。凄いパワーと元気をもらえると思いますよ。

☆工科大パワスポ・シリーズ
その1:松の木のパワースポット
その2:生きた化石の木


メディアコンテンツコース・佐々木和郎


2018年10月24日 (水)

アイルランドのアルスター大学の先生がメディア学部を訪問

2018年10月20日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

アイルランドにありますアルスター大学のポール・シーワイト教授(芸術人文社会学部長・写真家)と Erli Zhou先生が昨日訪問されました.写真・アニメーション分野において研究協力、交換留学のできる日本の大学に興味があるとのことです.

44252442_1408227439313333_537545210

アルスター大学(University of Ulster)
https://www.ulster.ac.uk/
シーワイト教授(Prof.Paul Seawright)
https://www.ulster.ac.uk/staff/p-seawright
http://www.paulseawright.com/


続きを読む "アイルランドのアルスター大学の先生がメディア学部を訪問"

2018年10月20日 (土)

マレーシアからのお客様

2018年10月18日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

 

メディア学部にマレーシアからお客様がいらっしゃいました。

メディア学部・次世代ブロードキャスト研究室に所属している、ズルヒルミ・ハズィムズル君( ニックネーム:ヒルミ君 )のご両親が来日中に八王子までご挨拶にきてくださったのです。テリマカスィ(マレー語でありがとう)!

ヒルミ君は、マレーシアと日本の間で提携されている、MJHEP の留学プログラムの留学生です。MJHEPは、マレーシアの財団と日本政府・日本の大学が協力することで運営されています。

このプログラムでは、大学二年生まで、専門科目の他に日本語を徹底的に勉強します。その後、提携する日本の大学に三年次から編入するというものです。マレーシア全国から、日本での勉強を志望する優秀な学生が集まります。

メディア学部には、ヒルミ君の他にも、このプログラムで留学中の学生さんが三名活躍中です。映像作品制作などでは、日本人とは違う、ウェットで豊かな感性を発揮して素晴らしい作品を作ってくれたりします。

ヒルミ君は現在四年生。卒業論文のテーマは「日本の各地に残る明治維新の名残り」です。せっかく日本で勉強しているので、日本でなくては出来ないテーマを、と決めたそうです。

これからも、メディア学部にマレーシアの優秀な学生さんが沢山来てくれることを願っています。

こちらのブログもどうぞ(マレーシアからの日本留学)


担当:メディアコンテンツコース・佐々木和郎

2018年10月18日 (木)

生きた化石の木

2018年10月17日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさんこんにちは。メディア学部のブログサイトにようこそ。今日も前回に続いて、東京工科大学キャンパスにある、自然のパワースポットを紹介します。

この写真は、八王子キャンパスにある教室( 6階 )の窓から撮影したものです。15Mくらいの高さで、ちょうどこの大木のてっぺんが見えています。さて、なんの木でしょうか。

この大木は、メタセコイアといって、なんと6500万年( 恐竜が絶滅したすぐ後ですよね )頃から北半球に分布していた、とても古い樹木なのです。新生代の地層から出る化石でしかみられなかったものですが、1945年に中国の四川省で生きている状態で発見されたのです。だから「生きた化石」と言われています。

いまでは、公園や並木道に植えられて、日本ではポピュラーな樹木となりました。遠くから見てそっくりな「ラクウショウ( 落羽松 )」という木もあります。近くで見ると葉のつき方が違うのがわかります。

東京工科大学・八王子キャンパスには、このメタセコイアが三本だけあります。その三本が、なんとメディア学部の研究棟と実験棟の目の前に、三本並んで、そびえているのです。すごいでしょうメディア学部。さっき言ったように、実験棟からは、この凄い大木のてっぺんを間近に観察できるのです。

メタセコイアの大木の近くにある教室で演習などをしていると、なぜか元気で健康な気分になってくるようです。やはり、かなりパワースポットでしょうか。

メディア学部での研究に興味を持ってくれている高校生のみなさん。もし、実際に入学されることになったら、是非この三本並んだメタセコイアの大木を探してみてくださいね。

メディアコンテンツコース
佐々木和郎

2018年10月17日 (水)

松林のパワースポット

2018年10月13日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース


松は、まさに日本の樹木を代表する木ですね。松竹梅といって、いずれも清らかで正しくおめでたいことの象徴にも使われる樹木です。能舞台の背景に描かれる「松羽目」の松は、人間世界と隔絶した悠久の時間を表しています。

東京工科大学の八王子キャンパスでは、この松の木を沢山見ることができます。キャンパス中央の芝生に覆われたスロープに松の木が林のように整然と並んでいます。よく見ると、みなそれぞれ違った樹形をしています。

そのうち一本の松を水彩画にしてみました。「斜形」と言うのでしょうか、少し傾いた形に育てられています。まっすぐ育ったものもあれば、この木よりももっと斜めに、地面を這うように育ったものもあります。日本庭園を造園する時には、池のほとりに植えられて、水の上に枝を伸ばす樹形ですね。

大地にしっかりと根を張って、空に向かって枝を伸ばす松の木を見ていると、人間と同じように、それぞれの個性を発揮しながら生きる力を感じます。

常緑樹であり、何千年も生きることがある松の木がこんなに沢山ある。ここは、東京工科大学のキャンパスの中でも特に生命力に溢れるパワースポットになっていると思います。

オープンキャンパスなどで、東京工科大学にいらっしゃる時には、ぜひこの松の木の姿をご覧になって、その生命力を感じてみてください。

メディアコンテンツコース 佐々木和郎

2018年10月13日 (土)

メディア学部研究紹介ポスターの展示(紅華祭に是非お越しください!)

2018年10月 7日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

現在、片柳研究所棟5階MTC(メディア・テクノロジー・センター)前の廊下に、メディア学部の研究紹介ポスターが展示されています。

Photo01_14

Photo02_20


これらのポスターは今年のオープンキャンパスで各出展ブースに展示していたものなので、ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。しかし、上の写真のように、45枚全てのポスターがまとまって展示されるのは今年初めてです。

左の写真では、向かって左側にメディアコンテンツコース[18枚]とメディア技術コース[2枚]、およびカリキュラムツリー(コンテンツ技術社会)紹介[1枚]、右側にメディア技術コース[15枚]とメディア社会コースのポスター[3枚]が、右の写真はメディア社会コース[6枚]のポスターが置かれています。

10月7日(日)・8日(月・祝)の紅華祭では、片柳研究所棟でのメディア学部の催し物はありませんが、片柳研究所棟を訪れた際は、5階MTC前に並べられている研究紹介ポスターを見に是非お立ち寄り下さい。メディア学部での各コースでの研究や制作への取り組み、講義や演習の様子を知ることができます。

Photo03

Photo04

Photo05

Photo06


パネル右上に付いているQRコードをスマホなどで読み取ると、その場で紹介動画を観ることができるポスターもあります。(下の写真をクリックすると拡大表示になります。その画面でQRコードを読み取ってみてください)

Photo07


また、紅華祭当日は、メディア学部からは6つの研究室が研究紹介や制作物の展示を研究棟Cで行っています。是非お越しください。

(伊藤謙一郎)

2018年10月 7日 (日)

より以前の記事一覧