卒業生向け

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記Fin

|

メディア学部の三上です.

毎日報告してきたMSU訪問,最終日はラップアップのMTGでした.今回の訪問でのいろいろな活動について,レポートを提出しそれに基づいて今後についていろいろと相談しました.

Msu0501

続きを読む "マレーシアの提携大学「MSU」訪問記Fin"

Unity安原さんによる特別講義

|

メディア学部の三上です

先日,世界的に著名なゲームエンジンを提供するUnityの安原さんが来訪され,Unityの特別講義を実施してくれました.
メディア学部でインタラクティブゲーム制作のプロジェクト演習を履修する2年生と3年生50名が参加しました.

Unity

続きを読む "Unity安原さんによる特別講義"

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記4

|

メディア学部の三上です.

プチ連載を続けてきたMSU訪問記,あとは明日の午前中の打ち合わせを残すのみになりました.4日目はアニメーションの制作管理に関する講演と,マルチメディア系の学部のカリキュラムのレビューと,ゲーム教育に関連するプロジェクトについての意見交換でした.

Msu0403_2

続きを読む "マレーシアの提携大学「MSU」訪問記4"

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記3

|

メディア学部の三上です

5月15日から訪問しているマレーシアの提携大学MSU.
本日は先日のExhibitionの会場で,Invited Professor Talkということで100人ほどの聴衆の前で,日本の独特なアニメーション制作手法についてお話ししました.
そのあとは,ゲームデザインとアニメーションのクラスで講演の予定でしたが,人数が少なかったので,急きょ予定を変更してワークショップを行いました.

Msu0301

続きを読む "マレーシアの提携大学「MSU」訪問記3"

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記2

|

メディア学部の三上です.
MSU訪問の2日めです.
本日はMOHD AHUKRI AB YAJID学長を表敬訪問し,そのあと一緒に学生の研究プロジェクトのExhibithionに参加しました.
さらにMSUのゲームデザインカリキュラムについてMUHAMMAD先生と意見交換しました.

Msu0201

続きを読む "マレーシアの提携大学「MSU」訪問記2"

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記1

|

メディア学部の三上です.

5月15日(月)から,約1週間の予定で,東京工科大学が提携している,マレーシアの「Management & Science University」を訪問しています.
2008年よりメディア学部との提携がスタートし,今後は大学間の提携へと発展しようとしている段階です.メディア学部の柿本学部長,近藤教授と私が,MSUの客員教授になっており,2015年に近藤先生が訪問され,今回は私がお邪魔することになりました.

Msu0101

続きを読む "マレーシアの提携大学「MSU」訪問記1"

「視聴覚メディア」:コロナ社メディア学大系第15巻の発行

|

「視聴覚メディア」(メディア学大系15,コロナ社)が発行されました.

9784339027952

本書は,視聴覚メディアに関連する理論や技術について学ぼうとする学部生を対象とした教科書です。本書で取り扱う視聴覚は情報伝達にとってきわめて重要なメディアです。
そこで,メディア学の視点から本書では,視覚心理や聴覚心理の理論を元に,CG,音,音響,画像,映像などのディジタル情報とその処理技術の基礎について解説します。そしてよりよいメディアコミュニケーションを実現するために,視聴覚情報の理解,表現,処理,評価について紹介します。視覚や聴覚に関する心理学および認知科学の知見とメディア表現技術や処理技術の関係を示すことによって,人の認知心理学分野の知識を生かした表現や処理技術を合わせて理解することが本書のねらいです。
目次はこのページで見てください.
6章の内容は次のようです.(まえがきより)
 1 章では視覚と理解をテーマに,2 次元形状,3 次元空間,陰影,色,動き,両眼立体視における視覚と錯覚および人が情報をいかに理解するのかについて述べる。
2 章では視覚と表現をテーマに,絵画,形態,空間,色,運動,立体視について取り上げ,視覚を考慮したさまざまな表現手法について述べる。
 3 章では,聴覚系の知覚特性について述べ,機能とモデル化,観測と分析の方法について述べる。まず,音のさまざまな特徴とその観測方法や定量化のための尺度について述べる。つぎに,聴覚のハードウェアにあたる聴覚系の機能について述べ,ソフトウェアにあたる音の知覚特性や聴覚特有の現象を紹介する。最後に,聴覚の性質を調べるための被験者実験の方法と実験遂行のための注意事項について述べる。また,実験結果の信頼性を示すための有意差検定な
どの統計分析の基礎について述べる。
4 章では,ディジタル画像とはどのようなものかを説明した後,画像の見え方を変える処理である,トーンカーブ,空間フィルタリング,周波数フィルタリングを用いた変換方法を示す。 
5 章では,画像の中から類似している部分や移動物体などを検出するなどといった,画像の特徴を抽出する方法について述べる。
6 章では,複数の画像を合成して,アルファブレンディング,イメージモザイキング,モーフィングといった特殊な効果を得る方法について説明するとともに,画像の圧縮方法も紹介する。

続きを読む "「視聴覚メディア」:コロナ社メディア学大系第15巻の発行"

構造色を持つ宝石のCG表現

|

3月に開催された情報処理学会第79回全国大会で、メディア学部4年(当時)熱田一仁君が卒業研究で取り組んだ研究を発表しました。

熱田一仁, 藤堂英樹, 柿本正憲, "構造色を持つ宝石のCG表現," 情報処理学会第79回全国大会, 7X-05, 2017.3.

発表した熱田君は、「モデリング・レンダリング」セッション7件の発表中2件選ばれた学生奨励賞のうちの1件として表彰されました。

Img_4038s

宝石の中には、見る角度によって色が変わるようなものもあります。たとえばブルームーンストーンと呼ばれる宝石は内部に微妙な虹色の部分があり、向きを変えるとその虹色が変化したりします。

続きを読む "構造色を持つ宝石のCG表現"

Creative Application演習の有志チームによるアプリ"Mondrian Puzzle"がリリースされました!

|

Creative Application演習の有志チームによるアプリがリリースされました!
Mondrian Puzzle ~ コンポジションシリーズの特徴を考慮した配色構成パズルアプリケーション ~:3月に研究発表したパズルが公開されました.ぜひ,楽しんでください.

4月14日にISUTAでこのアプリが紹介されました.
「面積の色比率を目分量で合わせるユニークな図形パズル」  2017/04/14
Mondrian Puzzle をダウンロードしてください.(iOS版)
次のページのようになっています.

Mondrian

クリアした画面の一例です.

Img_1636

使い方は,次のページをご覧ください.

続きを読む "Creative Application演習の有志チームによるアプリ"Mondrian Puzzle"がリリースされました!"

取材記事公開:CG 業界御用達の雑誌「CGWORLD」のフリーペーパー版にて

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

本日のブログでは,CG 映像・ゲームなどの業界における専門誌として,専門家からも広く購読されている「 CGWORLD 」という雑誌のフリーペーパー版「 CGWORLD Entry 」から,私の研究室が取材を受けた際の記事に関して紹介したいと思います.

まずは,インタビュー記事が「こちら」で公開されておりますので,ご覧ください.

記事の中では,菊池研究室最新の研究成果を紹介するだけでなく,常日頃から私が学生指導の際に考えていることやアドバイスなども書かれております.

フリーペーパー版は 5 月に発行になるそうですので,書店で見かけた際には是非お手に取ってご覧いただければ大変光栄です.


文責:菊池 司

より以前の記事一覧