お知らせ

アート、デザイン、メディアに関する国際連盟Cumulusに加盟 【パリ出張報告その2】

|

アート、デザイン、メディアの教育機関が加盟する国際連盟Cumulusに本学デザイン学部、メディア学部が2018年4月に加盟申請しました.

30698756_1918213941557046_660807201

http://www.cumulusassociation.org/

Cumulusparis

2018年4月11日〜13日にフランス・パリで開催される”Cumulus conference Paris 2018 -To get there: designing together”にデザイン学部松村先生と参加し,大学や学部の紹介をしたり,研究発表を聞いたりしてきました.また,理事会で加盟証書を受け取りました.
TO GET THERE: DESIGNING TOGETHER
PARIS – 11, 12, 13 APRIL 2018
http://www.cumulusparis2018.org/

続きを読む "アート、デザイン、メディアに関する国際連盟Cumulusに加盟 【パリ出張報告その2】"

大学院卒業生の活躍:SIGGRAPH Asiaの学生ボランティア活動のお勧め

|

本学大学院メディアサイエンス専攻出身のリアンティ ヒダヤトさん(インドネシアバンドン工科大学出身)がCGWORLDの記事に紹介されました.彼女は長年Student Volunteers(学生ボランティア)を行っております.今年のSIGGRAPH Asia では学生ボランティアのChairを担当しています.
連載 Ask Me about SIGGRAPH Asia 2018! 第1回
https://cgworld.jp/regular/201804-student.html
ぜひ皆さん,読んでください.
昨年タイで行われた時にも,ボランティアをしており,多くの学生らの指導的な役割をしているところを見ています.本学大学院を修了して,日本のゲーム会社で働きながら,後輩たちの指導もしているリアンティさんの願いは,メディア学部の学生,メディアサイエンス専攻の大学院生と一緒にSIGGRAPH Asiaでボランティアを行うことです.
ぜひ,学生のみなさんは,学生ボランティアに応募してはいかがでしょうか?

Dsc_9325

続きを読む "大学院卒業生の活躍:SIGGRAPH Asiaの学生ボランティア活動のお勧め"

スウェーデン出身の留学生の答辞紹介

|

今年の3月に行われた学位記授与式において,大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlさんが答辞を述べました.紹介時期が少し遅れてしまいましたが,彼女の活躍と答辞を紹介します.

Img_4308

2015年4月に国費留学生としてスウェーデンから来日し,本学メディアサイエンス専攻の私たちの研究室にやってきました.
スウェーデンから国費留学生が大学院メディアサイエンス専攻にやってきた(留学生紹介) 2015.04.21
研究生として演出関係の研究を進め,その結果を発展して,大学院に入学後,母国で開催された国際会議で研究発表をしました.
スウェーデンで開催された国際学会SIGRAD2016で,留学生が研究発表 (ウプサラ大学訪問その1) 2016.05.29
その活躍ぶりをより広く知ってもらうために,学生の研究紹介ビデオの制作にも協力をしてもらうことになりました.このビデオ映像は次のブログで紹介しています.
東京工科大学大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlによる映像分析の研究の紹介(英語版)その5 2016.10.12
さらに2年生のときには国際会議AFGSでも演出に関する発表を行い,高い評価評価を得ることができました.
Asian Forum on Graphic Scienceで大学院生がコンテンツ制作のための演出に関する研究発表  2017.08.23
これらの成果が認められ,学位記授与式で答辞を述べることになりました.以下,その原稿を紹介します.

続きを読む "スウェーデン出身の留学生の答辞紹介"

セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が講師を仰せつかっているセミナーを紹介させていただきたいと思います.

セミナーは,Indyzone 様が主催の「Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム」(5/26開催)です.

続きを読む "セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム"

ドイツの提携校ハルツ大学訪問

|

メディア学部の三上です.

昨年の8月に提携したドイツのHarz大学,今回はドイツで開催されるCGアニメーションのカンファレンスと合わせて,訪問させていただきました.

日本にも来ていただいたWilhelm先生(ヴィルヘルム先生)をはじめ,学部長のProf. Dr. Andrea Heilmann(ヘイルマン先生),国際担当のProf. Dr. Louisa Klemmer先生にお会いしました.

2018harz01_3

続きを読む "ドイツの提携校ハルツ大学訪問"

菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

先日(3月16日)に開催された「映像表現・芸術科学フォーラム 2018 ( Expressive Japan 2018 )」において,菊池研究室から研究成果発表を行った「谷野克成君」と「川満陽太君」の 2 名が,優秀発表賞と企業賞を受賞しました.

01
図.賞状を手に記念撮影する谷野君(一番左)と,3つの賞の賞状

続きを読む "菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞"

大学 1 年生で CG-ARTS 賞受賞!

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

昨日のブログ「 CG 検定で優秀な成績を収めた三年生がCG-ARTS賞受賞」に引き続き,本日も同賞受賞のお知らせです.

本日紹介するのは,なんと大学に入学してまだ 1 年しか経っていない 1 年生の「藤原源誠(フジワラゲンセイ)」君です.

01
図.CG-ARTS賞の賞状と副賞を手に,藤原君の記念の1枚

続きを読む "大学 1 年生で CG-ARTS 賞受賞!"

情報処理学会第80回全国大会で学生奨励賞受賞

|

メディア学部4年生の渕之上風太くんが、3月13日から早稲田大学で開催されている情報処理学会第80回全国大会で行った発表で学生奨励賞を受賞しました。

Img_5193s

渕之上くんの研究タイトルは「分光画像推定による動物の見る色彩のシミュレーション」です。卒業論文のために行った研究で一定の成果があったので、学会発表を行いました。
色(光の波長)に対する視細胞の感度特性は動物によって異なります。動物により違う色の見え方をするということです。この研究では、ミツバチを題材にして花の色がどう見えているのか、仮説をもとに画像を生成しました。
ヒトを含む動物は眼の中に多数並んだ視細胞によって受けた光の強さを感知します。ヒトやミツバチの場合、波長に対する感度特性が異なる3種類の視細胞があります。
ヒトは、短い波長(青)を強く感じる視細胞、長い波長(赤)に敏感な視細胞、その中間の波長(緑)に敏感な視細胞の3つを持ちます。それに対してミツバチが持つのは、紫外線・青・緑にそれぞれ敏感な3つの視細胞で、短い波長の方にずれています。ヒトは紫外線が見えず、ミツバチは赤が見えません。

Human_3

Bee_2

3つの視細胞受光感度の波長特性(上:ヒト、下:ミツバチ)

渕之上くんの研究は、簡単に言うと、ある人の視細胞があるとき突然ミツバチの視細胞に置き換わったら、脳はどのように認識するか、という仮想実験です。結果だけをお見せすると、クロッカスの花を人間が見た場合とミツバチが見た場合とで見え方は次のように違ってきます。

Crocus_human_2

Crocus_bee

クロッカスの花の見え方(上:ヒト、下:ミツバチ)

一般に、研究テーマや成果には「新規性」「有用性」が要求されますが、根底にはそもそも研究者がそのテーマを「面白い」と思うことが大前提としてあります。今回の研究は、すぐに何かの役に立つわけではないですが、人類の知見の拡大(大げさですが)に少しは貢献するという意味で興味深いと考えています。
メディア学部 柿本正憲

近日発行: 「メディア学キーワードブック - こんなに広いメディアの世界 -」

|

メディア学部の教員20名が執筆者となって,メディア学部の学びにおいて大切な100近い用語を解説しました.
3つのコースであるメディアコンテンツコース,メディア技術コース,メディア社会コースの内容をより深く理解するためにも厳選した用語です.入学後のさまざまな講義や演習で学ぶキーワードをチェックしていくと,卒業までにはすべての用語をいづれかの講義で学ぶことになります.


入学時には知らなかった用語がメディア学部における学びを通じて卒業時には,このキーワードブックの用語すべてを理解してもらうことを期待します.
卒業生にもこの書籍は大学で学んだことを常に忘れずに「メディア学」がよくわからないという人に,メディア学を紹介することができる書籍として利用できます.企業の方にはメディア学部で何を学ぶか,メディア学部が何を目指すかを知っていただく良い入門書ともいえます.

Kerword


続きを読む "近日発行: 「メディア学キーワードブック - こんなに広いメディアの世界 -」"

卒業研究の最終発表会のお知らせ (AED LAB)

|

羽田です.
今週はメディア学部ではすべての研究室で卒業研究の最終発表が行われます.
我々の研究室の発表も木曜日に行われますのでお時間のある方はぜひお越しいただければとおもいます.
今年度も今までと同様に太田研究室と合同で,デモ展示とポスターを中心とした発表を行います.プレゼンテーションだけではなく,実際に動く成果を確かめることができるデモ展示は卒研生にとっては最後の大きなハードルになりますが,見にくる人にとっては文字だけではわからない動作や感触を試すことができるよい機会です.
2/8(木) 13:00〜
東京工科大学八王子キャンパス 研究棟C4F会議室
以前の記事で紹介した,ドローンの識別やVRにおける風の知覚などの研究も
ここでは詳しくは書けませんが進化した成果をお見せできるかとおもいます.
さらに卒業研究のうちいくつかはまた春の学会にむけての準備もすすめています.
メディア学部の在学生は研究室を選ぶ前に多くの発表を見ておくのはおすすめです.
とはいえ,我々の発表は外部の方にも公開していますので,お時間あるようでしたら学内外を問わずぜひお越しください.
(羽田久一)

より以前の記事一覧