アンチエイリアシング(3)

|

アンチエイリアシングの原理は、図形の輪郭部分にあたる画素(小さな正方形)の一部が図形に、残りが背景に重なる場合、その輝度を図形と背景の中間の値にすることです。中間の値を具体的に計算するには、図形の面積と背景の面積の比を使います。

Aaintersection_2

この例は前回示した例の中で薄緑で囲んだ画素(一辺1で面積1)です。図形は白(輝度255)で背景はグレー(輝度128)の設定です。この場合、左図の点Pの位置が下から1/3のところにあることは計算できます(詳細略)。すると白い直角三角形の面積は1/6と計算でき、画素の輝度も計算できます。結果は

255×(1/6)+128×(5/6)≒149

で、輝度は149です。

» 続きを読む

アンチエイリアシング(2)

|

CG数理の基礎(シラバス)の授業のうち、前回はアンチエイリアシングの授業の一部を紹介しました。図形と背景の中間の明るさを使うことで斜めの線でもギザギザにみえないようにする技術です。

Aaresult

線分を太さ1画素の長方形と見なした場合の描画

» 続きを読む

アンチエイリアシング

|

CG数理の基礎という講義(シラバスはこちら)では「画素の明るさ計算」に帰着してCGアルゴリズムを説明します。先日の授業ではアンチエイリアシングを解説しました。

簡単にいうと、アンチエイリアシングとは、CGで図形を描いたときに生じるギザギザの不具合を軽減する手法です。次の図は、上がアンチエイリアシング処理なしの結果画像、下が直線(黄色)にアンチエイリアシング処理を施した結果画像です。

» 続きを読む

マレーシアの提携大学「MSU」訪問記Fin

|

メディア学部の三上です.

毎日報告してきたMSU訪問,最終日はラップアップのMTGでした.今回の訪問でのいろいろな活動について,レポートを提出しそれに基づいて今後についていろいろと相談しました.

Msu0501

» 続きを読む

Unity安原さんによる特別講義

|

メディア学部の三上です

先日,世界的に著名なゲームエンジンを提供するUnityの安原さんが来訪され,Unityの特別講義を実施してくれました.
メディア学部でインタラクティブゲーム制作のプロジェクト演習を履修する2年生と3年生50名が参加しました.

Unity

» 続きを読む

«【論理パズル】 ○○は☓☓である / ○○は☓☓ではない